2025年4月 JRと大手私鉄が精神障害への割引を開始!

旅行

4月11日、JRと大手私鉄各社が障害者割引の精神障害者への適用を、2025年4月1日よりスタートすると発表しました。

精神障害者にも鉄道運賃の割引制度を導入へ JR各社・大手私鉄の多くは未導入 | TBS NEWS DIG
鉄道各社は、障害者の運賃の割引制度を精神障害者にも拡大すると発表しました。JR各社や大手私鉄の多くでは、身体、知的障害者に対する割引制度はありますが、精神障害者は対象外のケースがあり、国土交通省が鉄道…

#リンク切れの場合はこちら

個人的には、障害者割引は縮小するのではないかと思っていましたが、まさかあのJRが態度を一変するとは思いもしませんでした。
“障害者割引は国がすべきこと”と言い続けたのがうそのようです。

では、障害者割引の内容を整理していきます。

スポンサーリンク

制度の内容

身体・知的障害者の割引と変わらない

導入される精神障害者への割引については、実のところ身体・知的障害者の割引とそれほど変わりません。
また、精神障害者に限定した条件なども特にありません。

https://www.jreast.co.jp/press/2024/20240411_ho04.pdf

実際に、JR各社における身体・知的障害者への割引の内容を紹介します。
大手私鉄については、各社で異なっていますので各自お調べください。

手帳の種別 券種 本人 介護者
第1種 普通券 介護者同伴の場合:50%割引
単独の場合:100キロ以上の場合のみ50%割引
障害者と同伴の時のみ50%割引
回数券 介護者同伴の時のみ50%割引 障害者と同伴の時のみ50%割引
定期券 介護者同伴の時のみ50%割引 障害者と同伴の時のみ50%割引
(小児定期は除く)
急行券#1 介護者同伴の時のみ50%割引 障害者と同伴の時のみ50%割引
第2種 普通券 100キロ以上の場合のみ50%割引 割引なし
回数券 割引なし 割引なし
定期券 割引なし 12歳未満の障害者と同伴の時のみ50%割引
(小児定期は除く)
急行券#1 割引なし 割引なし

#1.特急券・グリーン券は対象外です。

障がい者用 ICカードも対応

2023年3月にスタートした障がい者用 ICカードも利用できます。
こちらも、身体・知的障害者と同様のものとなっています。

https://www.jreast.co.jp/press/2024/20240411_ho03.pdf

なお、”えきねっと””e5489″などのネット予約サービスについては現状のところ発表はありません。

手帳の等級とは異なる基準

手帳の種別については、実際の障害者手帳の等級とは異なり、「旅客鉄道株式会社旅客運賃減額」欄が手帳に追加されます。
等級と種別の関係については現時点では不明ですが、おおよそ

第1種:精神障害者手帳1級
第2種:精神障害者手帳2級・3級

と見込まれています。

障害者手帳の発行は都道府県または政令指定都市が行っていますので、手帳への追加については自治体が行います。

スポンサーリンク

一部の会社では先行で対応も

JR以外でも障害者割引を精神障害者への割引を行う予定ですが、その中でも京成電鉄と東京メトロはきっぷのみ先行して実施する予定です。

京成電鉄・新京成電鉄・北総鉄道:6月1日から

京成電鉄・新京成電鉄・北総鉄道の3社は今年6月1日から精神障害者への割引を行います。

タイトルが入ります|お知らせ・ニュースリリース|京成電鉄
京成電鉄の最新情報や、成田空港へのアクセス情報を掲載。また、各駅時刻表・電車運賃の検索、路線バス・高速バス等、バスの様々な情報や、沿線の不動産情報、レジャー・宿泊、ショッピング・映画上映情報等を紹介。

京成電鉄の場合、身体・知的障害者への割引も改訂され、距離や等級・介護者同伴の有無に関わらず運賃が5割引きとなります。
スカイライナーが走る北総線や、京成電鉄への合併が予定されている新京成電鉄も同じ割引を行う予定で、特にスカイライナーを利用する際は全線で運賃が5割引きとなります。
(ライナー券は割引されません)

なお、一部の列車が京成電鉄の路線に乗り入れる芝山鉄道は現在のところ発表はありません。

東京メトロ:8月1日から

一方、東京メトロは今年の8月1日から精神障害者への割引を行います。

精神障がい者割引制度を導入します|東京メトロ
東京メトロのニュースリリースをご紹介します。

ただし、こちらは京成電鉄と異なり、制度の改定は行われませんので、JRの基準のままとなります。

スポンサーリンク

JRにおける実際の割引例

上記の情報をもとに実際の料金の例を挙げてみます。
(大手私鉄については省略します)

JRのネットワークは大変広く、長距離になればなるほど割引の効果が大きくなります。

全ての種別(級)が割引対象となる例

東京・大阪・名古屋の三大都市から長距離での移動を想定した例です。

東京駅発着

区間 距離 運賃
通常運賃 割引後運賃 差額
東京ー大阪 556.4km 8,910円 4,450円 4,460円
東京ー仙台 351.8km 6,050円 3,020円 3,030円
東京ー金沢 450.5km 7,480円 3,740円 3,740円
東京ー新函館北斗 862.5km 12,100円 6,050円 6,050円
東京ー札幌#1 1163.3km 14,850円 7,420円 7,430円
東京ー博多 1174.9km 14,080円 7,040円 7,040円
東京ー鹿児島中央#2 1463.8km 16,720円 8,360円 8,360円

#1 新函館北斗駅で乗り換え
#2 博多駅で乗り換え

大阪駅発着

区間 距離 運賃
通常運賃 割引後運賃 差額
大阪ー名古屋#1 190.4km 3,410円 1,700円 1,710円
大阪ー金沢#2 262.0km 4,840円 2,420円 2,420円
大阪ー横浜#1 #3 535.5km 8,580円 4,290円 4,290円
大阪ー博多#1 626.1km 9,790円 4,890円 4,900円
大阪ー仙台#1 #4 908.2km 11,880円 5,940円 5,940円
大阪ー鹿児島中央#1 #5 915.0km 12,320円 6,160円 6,160円
大阪ー新函館北斗#1 #4 1418.9km 16,500円 8,250円 8,250円

#1 新大阪駅で乗り換え
#2 敦賀駅で乗り換え
#3 新横浜駅で乗り換え
#4 東京駅で乗り換え
#5 博多駅で乗り換え

名古屋駅発着

区間 距離 運賃
通常運賃 割引後運賃 差額
名古屋ー横浜 345.1km 5,720円 2,860円 2,860円
名古屋ー金沢#1 #2 250.9km 4,510円 2,250円 2,260円
名古屋ー仙台#3 717.8km 10,340円 5,170円 5,170円
名古屋ー博多 808.9km 11,330円 5,660円 5,670円
名古屋ー新函館北斗#3 1228.5km 14,960円 7,480円 7,480円
名古屋ー鹿児島中央#4 1097.8km 13,860円 6,930円 6,930円
名古屋ー札幌#5 1529.3km 17,600円 8,800円 8,800円

#1 米原駅で乗り換え
#2 敦賀駅で乗り換え
#3 東京駅で乗り換え
#4 博多駅で乗り換え
#5 新函館北斗駅で乗り換え

第1種(1級)かつ介護者同伴が割引対象となる例

JRにおける100キロ以内の区間は、大都市間の移動というより、都市近郊の移動が多くを占めます。
以下は東京・大阪・名古屋の三大都市の近郊での移動を想定した例です。

東京駅発着

区間 距離 運賃
通常運賃 割引後運賃 差額
東京ー横浜 28.8km 490円 240円 250円
東京ー大宮 30.3km 580円 290円 290円
東京ー千葉 39.2km 660円 330円 330円
東京ー八王子 47.4km 830円 410円 420円
東京ー籠原 71.3km 1,340円 670円 670円
東京ー小山 80.6km 1,520円 760円 760円
東京ー小田原 83.9km 1,520円 760円 760円

大阪駅発着

区間 距離 運賃
通常運賃 割引後運賃 差額
大阪ー宝塚 25.5km 330円 160円 170円
大阪ー三ノ宮 30.6km 420円 210円 210円
大阪ー京都 42.8km 580円 290円 290円
大阪ー奈良 48.5km 820円 410円 410円
大阪ー関西空港 57.0km 1,210円 600円 610円
大阪ー和歌山 72.3km 1,280円 640円 640円
大阪ー姫路 95.5km 1520円 760円 760円

名古屋駅発着

区間 距離 運賃
通常運賃 割引後運賃 差額
名古屋ー岐阜 30.3km 480円 240円 240円
名古屋ー多治見 36.2km 680円 340円 340円
名古屋ー四日市 37.2km 490円 240円 250円
名古屋ー武豊 38.8km 780円 390円 390円
名古屋ー美濃太田 57.6km 1,170円 580円 590円
名古屋ー豊橋 72.4km 1,340円 670円 670円
名古屋ー米原 79.9km 1,340円 670円 670円

上記は第1種(1級)かつ介護者同伴の時のみ適用されます。

スポンサーリンク

今度は高速バスも?

いい意味で裏切られた障害者割引の拡大。
現状では高速バスは精神障害者への割引は行っていませんが、おそらく今後は高速バスにも拡大されるものと思います。

これは、鉄道で精神障害者への割引が開始されると、今度は高速バスと料金が逆転する例が発生するためです。

参考例として、東京駅ー水戸駅間を走る高速バス”みと号”と比較してみます。

JR線普通列車 東京駅ー水戸駅 2,310円→1,150円(障害者割引適用)
高速バス”みと号” 東京駅ー水戸駅 2,250円(割引なし)

ご覧の通り、障害者割引が適用されると高速バスと料金が逆転します。
ただ、特急(ひたち・ときわ)を利用した場合はさすがに高速バスが安くなりますが、その差は500円程度(特急料金込みで2,730円)に縮まります。

この価格差を是正する目的で、高速バスでも障害者割引が拡大されるのではないでしょうか?

スポンサーリンク
K's Travel Channel
タイトルとURLをコピーしました